白いフランソワルトンを再び発見広西チワン族自治区
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

白いフランソワルトンを再び発見広西チワン族自治区  4日、他のフランソワルトンと共に城南小学校の裏山に現れた白いフランソワルトンの赤ちゃん。中国広西チワン族自治区恩城国家級自然保護区の端にある大新県桃城鎮宝新村の城南小学校の裏山で4日、1匹の白いフランソワルトンの赤ちゃんを撮影した。同自然保護区管理局のスタッフによると、2017年に初めて白いフランソワルトンの個体を発見したのに続き、今回が2回目の発見となる。現在、世界のフランソワルトンの個体数は2千匹を下回っており、中国では主に広西チワン族自治区や貴州省、重慶市などに分布。絶滅が危惧される貴重な野生動物として中国の国家1級重点保護動物に指定されている。(大新=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 動物 生き物 スタッフ フランソワルトン 中国広西チワン族自治区 中国広西チワン族自治区恩 保護動物 城南小学校 大新県桃城 大新県桃城鎮 広西チワン族自治区 広西チワン族自治区恩 桃城鎮宝 発見広西チワン族自治区 白いフランソワルトン 自然保護区 自然保護区管理 赤ちゃん 重点保護 重点保護動物 野生動物 鎮宝新村

画像情報

登録日時
2019/07/04 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
2331×3497 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
23.3(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ