中国伝統芸能の「快板」に魅せられた日本青年、小松洋大さん
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

中国伝統芸能の「快板」に魅せられた日本青年、小松洋大さん  「快板」を披露する小松洋大さん(左)とドイツ人のパートナー。(資料写真)日本の神奈川県横浜市出身の小松洋大さん(28)は、2010年、北京外国語大学に入学し、中国語を専攻した。本科(4年制学部)を卒業後は、引き続き大学に残り、修士課程で中国語の国際教育を専攻した。ある時、小松さんは中国のテレビ番組で伝統芸能の「快板」(かいばん、板状の楽器を使って拍子をとりながら早口で歌う大衆芸能)を見て、そのとりこになった。2015年に、小松さんは快板の名人、姚富山(よう・ふざん)氏に弟子入りした。小松さんは「お客さんの喝采は私にとって最高の励みであり、上演を続ける原動力となっている」と語った。また「もっと多くの日本人が中国を訪れ、両国の人々がお互いの理解を深めることを望む」と期待を示した。(北京=新華社配信/小松洋大さん提供)=2019(令和元)年7月1日、クレジット:小松洋大さん/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ うふざん お客さん かいばん テレビ番組 ドイツ人 パートナー 中国伝統芸能 伝統芸能 修士課程 北京外国語大学 国際教育 外国語大学 大衆芸能 弟子入り 日本青年 神奈川県横浜市 神奈川県横浜市出身

画像情報

登録日時
2019/07/01 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
2834×1894 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
15.3(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ