「新華社」ロボカップ2019世界大会、シドニーで開催
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」ロボカップ2019世界大会、シドニーで開催 ロボットの国際競技大会「ロボカップ世界大会2019」がこのほどオーストラリア・シドニーで開催された。大会では40以上の国・地域のチームが「ロボカップサッカー」などさまざまな種目で競技を実施。このロボット分野におけるハイレベルな交流プラットフォームに、世界各地の優秀なエンジニアやプログラマー、デザイナーが参加した。大会組織委員会のクロード・サミュ会長は、今年は競争が一段と激しくなったとの見方を示した。第1回ロボカップ世界大会は1997年に名古屋で開催された。最初は「ロボカップサッカー」のみ行われたが、現在はさまざまなロボットが登場し、競技種目も多様化している。選手たちは1週間にわたる大会で、ロボットへの熱意を共有しただけでなく、互いに学び、課題を克服する方法について意見交換した。サミュ氏は、世界のさまざまな地域が高齢化問題に直面しており、ロボット業界の次の大きな課題は、人々の家事を手助けできるロボットを開発することだと述べた。(記者/胡涇辰、朱宏業)<映像内容>ロボカップ世界大会2019の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ IT 科学 技術 ロボット エンジニア オーストラリア オーストラリアシドニー クロードサミュ クロードサミュ会長 サッカー シドニー デザイナー プラットフォーム プログラマー ロボカップ ロボカップサッカー ロボカップ世界大会 ロボット分野 ロボット業界 世界各地 世界大会 交流プラットフォーム 国際競技大会 大会組織委員会 意見交換 競技大会 競技種目

映像情報

撮影日
2019/07/10
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
01分40秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4