「新華社」アリペイ、10年で10億元投じ中国女子サッカー支援
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」アリペイ、10年で10億元投じ中国女子サッカー支援 中国のアリババグループのキャッシュレス決済サービス、支付宝(アリペイ)は5日、今後10年で10億元(1元=約16円)を投じ、中国女子サッカーの発展を支援することを発表した。この10億元は主に①女子中国代表のトレーニングレベルの向上②女子選手の傷病保障や引退・転身支援③女子サッカーの技術発展・指導者育成④青少年女子サッカーの普及・発展-の4方面に使われる。資金は主に支付宝公益基金会が支援し、馬雲公益基金会と蔡崇信公益基金会も参加する。アリペイ関係者は、中国女子サッカーで過去最高額の支援となるが、商業的な協賛ではないと指摘。スポーツの協賛でよく見られる各種の商業的権利を含まず、女子サッカーチームのユニフォームにもアリペイの文字は出てこないと説明した。さらに、アリペイが毎年、収入の0・3%を公益事業に投じていくとアリババが発表したことを挙げ、今回の女子サッカー発展に向けた出資は公益活動であり、商業的な協賛ではないと述べた。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>アリペイが中国女子サッカー支援発表、撮影日:2019(令和元)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ キャラクター アントフィナンシャル アリババ アリババグループ アリペイ アリペイ関係者 キャッシュ キャッシュレス キャッシュレス決済 サービス スポーツ トレーニング トレーニングレベル ユニフォーム レス決済 レス決済サービス 中国代表 中国女子サッカー 中国女子サッカー支援 信公益基金 傷病保障 公益事業 公益基金 公益活動 女子サッカー 女子サッカーチーム 女子サッカー支援 女子サッカー支援発表 女子サッカー発展 女子中国代表 女子選手 崇信公益 引退転身 引退転身支援 技術発展 技術発展指導者 指導者育成 支付宝公益 支付宝公益基金 支援発表 普及発展 決済サービス 発展指導者 発展指導者育成 転身支援 過去最高 青少年女子サッカー 馬雲公益 馬雲公益基金

映像情報

撮影日
2019/07/05
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
02分00秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4