長春農業博覧会に登場する大型カボチャ、成育順調
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

長春農業博覧会に登場する大型カボチャ、成育順調  9日、温室内で栽培されている大型カボチャの生育状況を確認するスタッフ。中国吉林省長春市にある長春農博園大型カボチャ園の温室で現在、100個以上のカボチャが順調に育っている。カボチャは8月16日に開幕する第18回中国長春国際農業・食品博覧(交易)会に向けて栽培されており、最大のものは300キロに達している。展示会開幕後に来場者に披露される頃には500キロを超える見込みだ。大型カボチャは10年前にカナダから導入された当時、最大の単品の重量が約400キロだった。長春農博園の技術者がこれをもとに長年の模索を経て、白色農博1号、黄色農博2号、赤色農博3号の3つの新品種を開発。生産されるカボチャのサイズをより大きくするとともに、見た目も展示会への出品に適したものにした。(長春=新華社記者/王昊飛)=2019(令和元)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 農業 巨大カボチャ おもしろ カボチャ スタッフ 中国吉林省 中国吉林省長春市 中国長春 中国長春国際 吉林省長春市 国際農業 国際農業食品 大型カボチャ 展示会開幕 生育状況 農業博覧 農業食品 農業食品博覧 長春国際 長春国際農業 長春農業 長春農業博覧 食品博覧

画像情報

登録日時
2019/07/09 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
2614×4107 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
30.7(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ