「新華社」杭州アジア大会、5G技術を大規模活用へ
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」杭州アジア大会、5G技術を大規模活用へ 中国通信大手の中国電信集団(チャイナテレコム)と中国移動通信集団(チャイナモバイル)はこのほど、2022年9月に開催される杭州アジア大会と公式通信サービスパートナー契約を結んだ。5G(第5世代移動通信システム)を大規模に活用し、ハイテクなスマート・スポーツ大会を目指す。2社は調印式で共同ビジョンを発表した。会場では、シティー・ブレーン(都市大脳)と呼ばれる都市管理システムによりスマートパーキングや無感覚決済が実現。5G技術を用いたスマート安全検査では最先端の人体3D識別技術が自動的に人々を識別し、危険物を検知する。競技場内ではスマート清掃ロボットが通路を掃除し、ディスプレイ付きの街路灯が競技の情報を逐次配信する。競技中は5G+仮想現実(VR)観戦システムが、360度の没入型実況中継を提供。会場外や家庭でもスタジアム同様の臨場感を味わうことができる。(記者/夏亮、宋立峰)<映像内容>2022年杭州アジア大会に5Gを活用、5Gを活用した都市のイメージ映像、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ IT 科学 技術 風景 空撮 ビル群 会場 アジア大会 イメージ映像 サービス サービスパートナー サービスパートナー契約 システム シティー シティーブレーン スタジアム スポーツ大会 スマート スマートスポーツ大会 スマートパーキング スマート清掃 スマート清掃ロボット チャイナテレコム チャイナモバイル ディスプレイ パーキング パートナー パートナー契約 ビジョン ブレーン ロボット 中国移動通信集団 中国通信大手 中国電信 中国電信集団 仮想現実 大規模活用 実況中継 杭州アジア大会 清掃ロボット 無感覚決済 管理システム 観戦システム 識別技術 通信サービス 通信サービスパートナー 都市大脳 都市管理 都市管理システム

映像情報

撮影日
2019/07/16
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
02分10秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4