グッゲンハイム美術館世界遺産に登録
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 グッゲンハイム美術館世界遺産に登録  12日、米ニューヨークにあるグッゲンハイム美術館の外観。米ニューヨークのランドマークの一つ、グッゲンハイム美術館は、同国の著名建築家フランク・ロイド・ライトの代表作で、館内に独特のらせん構造を持つことで知られる。6月30日~7月10日にアゼルバイジャンの首都バクーで開かれた国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第43回世界遺産委員会会議で、ライト氏が手掛けた同美術館を含む8作品を世界文化遺産に登録することが決まった。(ニューヨーク=新華社記者/韓芳)=2019(令和元)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ フランク・ロイド・ライト グッゲンハイム美術館 建築 外観 らせん構造 アゼルバイジャン グッゲンハイム美術館世界遺産 ニューヨーク フランクロイドライト ユネスコ ランドマーク 世界文化遺産 世界遺産 世界遺産委員会 世界遺産委員会会議 国連教育科学文化機関 建築家フランクロイドライト 米ニューヨーク 首都バクー

画像情報

登録日時
2019/07/12 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3617×5426 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
56.1(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ