「新華社」NEV産業チェーン構築を推進福建省寧徳市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」NEV産業チェーン構築を推進福建省寧徳市 中国自動車大手の上海汽車集団が福建省寧徳市に建設した乗用車工場でこのほど、最初の1台がラインオフした。同市は新エネルギー車(NEV)産業チェーンを構築する上で重要な一歩を踏み出した。同市ではここ数年、政府関連部門による支援と指導の下、NEVや新エネルギー電池などの関連産業が大きく発展している。工場は同市三嶼工業パークに建設され、総敷地面積は6879ムー(約459ヘクタール)。プロジェクトの総投資額は200億元(1元=約16円)で「栄威(ROEWE)」や「名爵(MG)」ブランドのNEVや従来型燃料車を主に生産する。今年10月の操業開始を予定しており、年間生産能力は30万台を見込む。同じ規模の第2期工事と附帯プロジェクトが全て完成すれば、中国南東の沿海部で最も競争力の高いNEV生産拠点となる。同市では昨年、新エネルギー電池産業の生産高が前年比25・8%増に達した。2020年までに生産高1千億元規模を目指す。(記者/郭圻、陳旺)<映像内容>上海汽車集団の乗用車工場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 科学 技術 上海汽車集団 自動車メーカー NEV生産拠点 NEV産業 NEV産業チェーン ROEWE チェーン チェーン構築 ブランド プロジェクト ラインオフ 上海汽車 中国南東 中国自動車 中国自動車大手 乗用車工場 嶼工業パーク 工業パーク 年間生産能力 推進福建省 推進福建省寧徳市 操業開始 政府関連 政府関連部門 敷地面積 新エネルギー 新エネルギー電池 新エネルギー電池産業 生産拠点 生産能力 産業チェーン 産業チェーン構築 福建省寧徳市 自動車大手 関連産業 関連部門 附帯プロジェクト 電池産業 高いNEV 高いNEV生産拠点

映像情報

撮影日
2019/07/17
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
50fps
再生時間
02分26秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4