「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「マカオ新八景」の一つ、ロマンあふれる西望洋山を訪ねて  16日、西望洋山の山頂に立つマリア像と「ペンニャ教会」。新しい中国マカオの代表的な観光地を選ぶ「マカオ新八景」の一つに選ばれた西山望洋は、「ペンニャの丘(西望洋山)」とも呼ばれ、その名は西望洋山の山頂に建てられたペンニャ教会(主教山小堂)に由来する。1622年に建てられ、ゴシック様式の尖塔が天にのびるこの教会は、かつてカトリックマカオ教区司教の邸宅だった。今では「建築物としての芸術的価値を有する建築物」と評価され、「マカオ文物リスト」に登録されている。そんなさまざまな魅力を持つこの観光スポットには、多くの観光客が日々足を運んでいる。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 風景 観光 カトリック カトリックマカオ カトリックマカオ教区 ゴシック様式 ペンニャ ペンニャ教会 マカオ教区 マカオ教区司教 マカオ文物 マカオ文物リスト マリア像 中国マカオ 主教山小 主教山小堂 教区司教 文物リスト 芸術的価値 西山望洋 観光スポット

画像情報

登録日時
2019/07/16 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3712×5568 pixel
解像度
300 dpi
展開サイズ※
59.1(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ