「新華社」浙江省の新華書店、支付宝の顔認証決済を導入
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」浙江省の新華書店、支付宝の顔認証決済を導入 画面にタッチするだけで、顔認証で支払いが完了する。顔認証決済という人に優しいテクノロジーが庶民の生活に入り込むに連れて、財布や携帯電話を持たずに自分の顔一つで支払いを完了できる場面がますます増えている。中国の書店チェーン新華書店の浙江省にある約40店舗で16日、オンライン決済サービス支付宝(アリペイ)の新型顔認証端末「蜻蜓(トンボ)」が初めて導入された。杭州市の新華書店慶春路店では、画面にタッチしただけで顔のスキャンが始まるだけでなく、カメラに美顔の機能まで備わっている。手軽で便利な決済サービスを享受できると同時に、気持ちもよくなってきたことで、女性ユーザーから大好評だ。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>書店で支付宝の顔認証決済導入の様子、撮影日:2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ IT 科学 技術 決済 本屋 アリペイ オンライン オンライン決済 オンライン決済サービス サービス サービス支付宝 スキャン チェーン チェーン新華書店 テクノロジー ユーザー 女性ユーザー 携帯電話 新華書店 新華書店慶春 書店チェーン 書店チェーン新華書店 決済サービス 決済サービス支付宝 決済導入 認証決済 認証決済導入 認証端末 顔認証決済

映像情報

撮影日
2019/07/16
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
23.976fps
再生時間
02分36秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4