「新華社」「故宮養心殿文化財精品展」始まる安徽省合肥市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」「故宮養心殿文化財精品展」始まる安徽省合肥市 中国安徽省合肥市の安徽博物院と北京の故宮博物院が共催する「故宮養心殿文化財精品展」が16日、安徽博物院新館で正式に始まった。養心殿は明から清の時代に皇帝が居住し政務を行った場所で、紫禁城の内廷中央部から西側の部分に位置する。清代には、雍正帝をはじめ多くの皇帝が居住した養心殿は内政や外交、皇帝の崩御、権力の変遷など清朝の重要な歴史事件を多く見届けてきた。10月16日まで開催されるこの展覧会は故宮博物院から200点(組)余りの文化財を選び、養心殿内の中正仁和殿、三希堂、東暖閣、仏堂という四つの部屋を復元している。市民は時空を越えて、ひと味違う養心殿を近距離で楽しみ、養心殿で起こった歴史的な出来事について学び、中国の伝統文化の独特な魅力を体感することができる。(記者/曹力)<映像内容>故宮養心殿文化財精品展の様子、撮影日:2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国文化 美術品 中国安徽省 中国安徽省合肥市 中正仁和 伝統文化 内廷中央部 安徽博物 安徽省合肥市 故宮博物院 文化財精 歴史事件

映像情報

撮影日
2019/07/16
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
00分52秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4