「新華社」中国古典庭園「獅子林」テーマに3都市が合同展覧会河北省承徳市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」中国古典庭園「獅子林」テーマに3都市が合同展覧会河北省承徳市 中国古典庭園「獅子林」がある北京市と、江蘇省蘇州市、河北省承徳市が共同で開催する展覧会「南北の庭園3市の獅子林が美しさを競う」が15日、承徳市の避暑山荘で開幕した。来場者は、同じ名を持ちながらもそれぞれ異なる特徴を持つ3つの獅子林の庭園芸術や関連する文化財の映像資料を鑑賞することができる。会期は8月31日まで。蘇州の獅子林は13~14世紀の元代に造営され、蘇州四大庭園の一つとされる。中国の古典的な私家(個人)庭園を代表する一つでもある。一方、北京市の円明園にある「獅子林」は現在、かつての面影はなく当時の石橋などがわずかに残っているのみとなっている。展示会は、三つの獅子林の芸術的特色と文化的価値の展示を通じ、来場者に南北で異なる建築スタイルを紹介する。3都市の優れた文化遺産を継承し広く宣伝することで、文化財の価値や教育的効果を高めることを目的としている。(記者/駱学峰)<映像内容>展覧会「南北の庭園3市の獅子林が美しさを競う」開幕の様子、撮影日:2019(令和元)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国文化 風景 スタイル 中国古典 中国古典庭園 古典庭園 合同展覧会 合同展覧会河北省 展覧会河北省 庭園芸術 建築スタイル 文化的価値 文化遺産 映像資料 江蘇省蘇州市 芸術的特色 避暑山荘

映像情報

撮影日
2019/07/15
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分19秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4