海保が五輪施設視察 東京湾の海上警備
本映像はログイン後にご覧いただけます

海保が五輪施設視察 東京湾の海上警備 東京五輪・パラリンピックを1年後に控え、海上保安庁は25日、多くの競技会場や選手村が置かれる東京港臨海部の海上警備などの取り組みを報道各社に説明した。選手村付近などは航行自粛海域とし、警戒のため小型船艇を配備する方針という。〈映像内容〉東京湾で海保の巡視艇から五輪施設を視察する様子、選手村、五輪施設、第3管区海上保安本部(横浜市)の財部耕次(たからべ・こうじ)さんの囲み取材、撮影日:2019(令和元)年7月25日、撮影場所:東京湾

タグ 東京五輪・パラリンピック 海上保安庁 競技会場 選手村 東京港臨海部 海上警備 航行自粛海域 警戒 小型船艇 海保 巡視艇 五輪施設 第3管区海上保安本部 オリンピック パラリンピック 東京オリンピック 東京パラリンピック オリパラ 復興五輪 東京2020 TOKYO2020 TOKYO べこうじ 五輪施設視察 取り組み 囲み取材 報道各社 施設視察 東京五輪 東京五輪パラリンピック 自粛海域 航行自粛 財部耕次 選手村付近

映像情報

撮影日
2019/07/25
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
01分49秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4