参院比例当選者に証書 れいわの重度障害者ら
本映像はログイン後にご覧いただけます

参院比例当選者に証書 れいわの重度障害者ら 中央選挙管理会(宮里猛委員長)は26日、第25回参院選比例代表の当選者50人を告示し、総務省で、れいわ新選組から初当選した重い身体障害がある2人ら当選者本人、代理人に当選証書を渡した。今回の参院選では比例代表の定数が2増えた。れいわ新選組からは、次第に全身が動かせなくなる難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」患者の船後靖彦(ふなご・やすひこ)氏(61)と、重度障害者の木村英子(きむら・えいこ)氏(54)が特定枠で初当選。採決への参加方法や本会議場の改修など、受け入れ態勢を整備するための議論が進められている。〈映像内容〉当選証書を手渡す様子、証書を受け取った後にインタビューに答える木村英子氏らなど

タグ 中央選挙管理会 宮里猛 第25回参院選 第25回参議院選挙 比例代表 当選者 50人 総務省 れいわ新選組 初当選 重度障害 重い身体障碍 身体障害 当選証書 難病 「筋萎縮性側索硬化症 ALS 船後靖彦 なご・やすひこ 重度障害者 木村英子 きむら・えいこ 特定枠 本会議場 ふなごや インタビュー 初当選した 参加方法 参議院選挙 参院比例当選 参院選比例代表 受け入れ 受け入れ態勢 宮里猛委員長 当選者本人 比例当選 猛委員長 筋萎縮性側索硬化症 身体障碍

映像情報

撮影日
2019/07/26
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
01分42秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4