「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「神話の鳥」ヒガシチュウゴクアジサシに足環装着浙江省  25日、浙江象山韭山列島海洋生態国家級自然保護区でヒガシチュウゴクアジサシの幼鳥に足環を装着するスタッフ。中国浙江省象山県沖の韭山列島で24~26日、浙江自然博物館と韭山列島海洋生態国家級自然保護区管理局が組織した中米両国の海鳥研究者およびボランティア計34人が、ヒガシチュウゴクアジサシ(学名:Thalasseusbernsteini)の幼鳥への足環装着を行った。足環装着はアジサシ類、特にヒガシチュウゴクアジサシの渡りの状況を理解し、保護に役立てることを目的としている。ヒガシチュウゴクアジサシは1861年にインドネシアで発見されたカモメ科の鳥で、個体数が少なく、追跡も難しいため「神話の鳥」と呼ばれる。1940年代以降に観察例がなくなり、多くの鳥類専門家に絶滅したと考えられていたが、約60年後、中国の福建省と浙江省で再発見された。当時、ヒガシチュウゴクアジサシの個体数は世界で50羽未満だったと推計されている。国際自然保護連合(IUCN)と国際的な鳥類保護団体バードライフ・インターナショナルは、ヒガシチュウゴクアジサシを絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に指定している。各方面の取り組みにより、ヒガシチュウゴクアジサシの個体群はここ数年、徐々に増加しており、現在は100羽を超えているとみられている。(寧波=新華社記者/殷暁聖)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 動物 生き物 IUCN Thalasseusbernsteini アジサシ インドネシア スタッフ バードライフインターナショナル ヒガシチュウゴクアジサシ ボランティア 中国浙江省 中国浙江省象山 中米両国 保護団体 保護団体バードライフインターナショナル 列島海洋 列島海洋生態 危惧IA 取り組み 団体バードライフインターナショナル 国際自然保護連合 山列島海洋 浙江省象山 浙江自然博物館 浙江象山 浙江象山韭 海洋生態 海洋生態国家 海鳥研究者 環装着浙江省 生態国家 絶滅危惧 絶滅危惧IA 自然保護区 自然保護区管理 自然博物館 装着浙江省 象山韭山 足環装着 韭山列島 鳥類保護 鳥類保護団体 鳥類専門家

画像情報

登録日時
2019/07/25 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
4000×6000 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
68.6(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ