「新華社」ごみ分別ボランティアが「AIトレーナー」に変身上海市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」ごみ分別ボランティアが「AIトレーナー」に変身上海市 ごみ分別というトレンドが「ブラックテクノロジー」の新たな職業を生み出している。中国上海市の社区(コミュニティー)でこのほど、豊富な経験を持つごみ分別スペシャリストのボランティアが、初のごみ分別「AI(人工知能)トレーナー」として招かれ、AIの認識精度を向上させるための合理的なアドバイスを提供した。AIと「上海のおばさん」、果たしてどちらに軍配が上がるのか。同市徐匯(じょかい)区康健コミュニティーの住民、張暁玲(ちょう・ぎょうれい)さんはAI認識ごみ分別プログラムと、ごみ分別に関する激しい勝負を繰り広げた。トウモロコシの芯やパンの残り、牛乳パック、ミネラルウォーターのボトルなど、初めは双方が出した答えがほぼ完全に一致しており、互角の展開だったが、やや複雑な「医薬品の包装袋はどのごみに分類されるのか」という質問で、AIが敗北を喫した。7月1日に「上海市生活ごみ管理条例」が正式に施行されて以来、多くのユーザーが淘宝(タオバオ)や支付宝(アリペイ)のAI認識ごみ分別機能を利用している。スマート認識には文字や音声、AI画像などが含まれ、現在の精度は90%程度とみられている。アリババ公益基金会は今後、上海のコミュニティーのゴミ分別ボランティア千人を「AIトレーナー」として招き、AIプログラムの「間違い探し」を行い、コミュニティーにおける日常の実践の中でバックグラウンドとなるデータサンプルを絶えず充実させていくとしており、AI認識精度を向上させ、市民がより便利かつ正確にごみ分別できるよう支援していく。(記者/張夢潔)<映像内容>AIでゴミ分別する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ AI IT 科学 技術 AIトレーナー AIプログラム AI画像 AI認識 AI認識ごみ AI認識精度 おばさん ごみ分別 ごみ分別スペシャリスト ごみ分別プログラム ごみ分別ボランティア ごみ分別機能 ごみ管理 ごみ管理条例 ちょうぎょう ちょうぎょうれい アドバイス アリババ アリババ公益 アリババ公益基金 アリペイ コミュニティー ゴミ分別 ゴミ分別ボランティア サンプル スペシャリスト スマート スマート認識 タオバオ データサンプル トウモロコシ トレンド トレーナー バックグラウンド ブラックテクノロジー プログラム ボランティア ミネラルウォーター ユーザー 上海市生活 上海市生活ごみ 中国上海市 人工知能 公益基金 分別スペシャリスト 分別プログラム 分別ボランティア 分別機能 区康健コミュニティー 同市徐匯 変身上海市 康健コミュニティー 牛乳パック 生活ごみ 生活ごみ管理 管理条例 認識ごみ 認識ごみ分別 認識精度 間違い探し

映像情報

撮影日
2019/07/30
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分12秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4