「新華社」中国の中・大型無人ソーラー航空機「墨子Ⅱ型」、初飛行に成功
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」中国の中・大型無人ソーラー航空機「墨子Ⅱ型」、初飛行に成功 中国が独自知的財産権を有する長時間飛行が可能な中・大型無人ソーラー航空機「墨子Ⅱ型」が27日、浙江省湖州市徳清県の莫干山通航机場(一般航空用空港)で初飛行に成功した。中国の航空機関連企業、上海奥科賽飛機有限公司が30日、明らかにした。同機は同社が2年をかけて研究開発した。同機は「Ⅰ型」と比べ、太陽光エネルギーから電気エネルギーへの変換(光電変換)の効率、飛行時間などで性能が大幅に向上しており、実用化も近い。現在「墨子Ⅱ型」は、移動通信事業者や5G(第5世代通信システム)、セルラー機器メーカーなどと協力し、低空層デジタル化産業の配置を進めている。「墨子Ⅱ型」は翼幅が15メートル、4台のモーターに太陽電池が電力を供給する。さらに蓄電池も搭載され、太陽光による電力のみで高度6千から8千メートルの飛行が可能で、飛行中に排気ガスを一切出さない。今回の初飛行における主な試験項目は空気動力や光電変換効率、完成機構造、飛行安定性、操縦システムなどで、試験により空力効率は優れることが証明された。また、水平尾翼が機体の下方に移されたため、安定性が増し、より過酷な天候状況にも対応可能となった。ソーラー発電効率は「Ⅰ型」の16%から23%に向上し、好天時には12時間の連続飛行が可能。気象条件が許す限り、無人ソーラー航空機は雲の上を低速度で飛行し、日中の場合は充電しながら飛行を続けることが可能で、被災地への救助活動や情報収集などの分野への応用が期待されている。(記者/孫青、陳傑)<映像内容>中・大型無人ソーラー航空機「墨子Ⅱ型」の飛行の様子、撮影日:2019(令和元)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

タグ IT 科学 技術 エネルギー システム セルラー セルラー機器 セルラー機器メーカー ソーラー ソーラー発電効率 ソーラー航空機 デジタル化 デジタル化産業 メーカー モーター 一般航空 光電変換 光電変換効率 大型無人 大型無人ソーラー 天候状況 太陽光エネルギー 太陽電池 完成機構 完成機構造 干山通航 干山通航机 情報収集 排気ガス 操縦システム 救助活動 有限公司 機器メーカー 気象条件 水平尾翼 浙江省湖州市 浙江省湖州市徳清県 湖州市徳清県 無人ソーラー 無人ソーラー航空機 発電効率 知的財産権 研究開発 移動通信 移動通信事業者 空力効率 空気動力 航空機関連企業 莫干山通航 試験項目 通信システム 通信事業者 連続飛行 関連企業 電気エネルギー 飛行安定性 飛行時間

映像情報

撮影日
2019/07/27
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
03分42秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4