「新華社」中国初の全自動化コンテナふ頭福建省
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」中国初の全自動化コンテナふ頭福建省 中国福建省アモイ市海滄区にある遠海自動化ふ頭は、スマートで安全、環境に配慮された中国初の全自動化コンテナふ頭で、クラウドコンピューティングや自動GPS測位、インテリジェント識別、無人自動化設備、リチウムバッテリー駆動などの先進技術や設備を備えている。ガントリークレーンが巨大アームを動かしてコンテナを正確につかみ取り、自動運転の電気トラックが輸送に行き来している。機能の大半をコンピューターで制御され、操作される自動的荷役機械設備が担う近未来的な光景から、業界内では讃嘆を込めて「悪魔の埠頭」と呼ばれている。(記者/林凱)<映像内容>中国初の全自動化コンテナふ頭の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 風景 IT 科学 技術 GPS測位 つかみ取り ふ頭福建省 インテリジェント インテリジェント識別 ガントリークレーン クラウドコンピューティング コンテナ コンテナふ頭 コンテナふ頭福建省 コンピューター トラック バッテリー バッテリー駆動 リチウム リチウムバッテリー リチウムバッテリー駆動 中国福建省 中国福建省アモイ 先進技術 機械設備 無人自動化 無人自動化設備 福建省アモイ 自動GPS 自動GPS測位 自動化ふ頭 自動化コンテナ 自動化コンテナふ頭 自動化設備 自動運転 荷役機械設備 遠海自動化 遠海自動化ふ頭 電気トラック

映像情報

撮影日
2019/08/06
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
50fps
再生時間
01分12秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4