「新華社」滴滴出行チリ首都でサービス開始
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」滴滴出行チリ首都でサービス開始 中国配車サービス大手の滴滴出行は6日、南米チリの首都サンティアゴで本格サービスを始めた。滴滴出行は今年6月初め、チリ第2の都市バルパライソに進出し、地元で運転手1万6千人以上を募集した。また、サンティアゴでの運転手募集はまだ続いている。滴滴出行チリ・チームは、社員の9割が地元人材だ。チリ・チームは、滴滴出行の北京本部や米国研究院と共同で、現地化された安全な乗車機能を開発する。乗客を普通車両に乗せる「快車」サービスのほか、同社は現地政府と共に、スマート交通分野における協力の可能性を模索中だ。ラテンアメリカは滴滴出行の国際化戦略の最重点で、同社はすでに、ブラジルやメキシコなどに進出している。(記者/尹南、張笑然)<映像内容>チリで滴滴出行のサービス開始の様子、撮影日:2019(令和元)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ スマートフォン 中国企業 交通 サンティアゴ サービス サービス大手 サービス開始 スマート スマート交通 スマート交通分野 チリチーム チリ首都 バルパライソ ブラジル メキシコ ラテンアメリカ 中国配車 中国配車サービス 乗車機能 交通分野 北京本部 南米チリ 国際化戦略 地元人材 本格サービス 滴滴出行 滴滴出行チリ 滴滴出行チリチーム 滴滴出行チリ首都 現地政府 米国研究 運転手募集 都市バルパライソ 配車サービス 配車サービス大手 首都サンティアゴ

映像情報

撮影日
2019/08/06
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分30秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4