「新華社」顔認証で積立金の受け取り可能に浙江省
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」顔認証で積立金の受け取り可能に浙江省 中国浙江省で昨年末、全国で初めて「顔認証」による住宅積立金の受け取りが試験的に開始された。中国の電子商取引(EC)大手アリババグループのモバイル決済サービス支付宝(アリペイ)で、「都市サービス」を選択して「顔認証」するだけで手続きが完了。3分足らずで住宅積立金を受け取ることができる。浙江省直轄積立金情報管理処の王煒(おう・い)処長によると、「顔認証」による積立金の受け取りでは書類や表への記入は不要で、待ち時間もなく、数秒で入金が完了するため、受け取りのために1度も出向く必要はない。浙江省直轄積立金や不動産管理局、人力資源・社会保障局などの機関がクラウド技術を活用したデータ協力を実現し、アリペイの先進的な顔認証技術によって積立金手続きをデジタル化した。オンラインでの顔認証による住宅積立金受け取りの業務量は現在、年間業務量の90%を占める。8月現在、中国の200近い都市の行政が「顔認証」手続きに対応している。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>顔認証による住宅積立金の受け取りの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ IT 科学 技術 スマートフォン QRコード QRコード アリババグループ アリペイ オンライン クラウド クラウド技術 サービス サービス支付宝 デジタル データ協力 モバイル モバイル決済 モバイル決済サービス 不動産管理 中国浙江省 人力資源 人力資源社会保障局 住宅積立 受け取り 大手アリババグループ 年間業務 待ち時間 情報管理 情報管理処 決済サービス 決済サービス支付宝 浙江省直轄 浙江省直轄積立 直轄積立 社会保障局 資源社会保障局 都市サービス 電子商取引 顔認証技術

映像情報

撮影日
2019/08/14
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分49秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4