新疆での中国・キルギス対テロ合同演習終わる
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 新疆での中国・キルギス対テロ合同演習終わる  13日、総合演習で、ターゲットを武器で攻撃する特戦隊員。中国新疆ウイグル自治区の区都ウルムチ近郊の訓練基地で6日から行われていた中国人民武装警察部隊とキルギス国民衛隊の「協力-2019」対テロ演習が13日終了した。演習は両国元首の共通認識(コンセンサス)に基づいて行われた。これによって対テロ合同作戦指揮と共同作戦のレベルを有効に高め、脅威に対応し、「三つの勢力」(テロ、過激、分離)を取り締まる実戦能力を高めた。双方から約150人の将兵が参加した。(ウルムチ=新華社配信/趙俊傑)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 対テロ演習 ウルムチ ウルムチ近郊 キルギス キルギス国民 キルギス国民衛 コンセンサス ターゲット テロ合同 テロ合同作戦 テロ合同演習 テロ演習 両国元首 中国キルギス 中国人民武装警察部隊 中国新疆ウイグル自治区 作戦指揮 共通認識 合同作戦 合同作戦指揮 合同演習 実戦能力 新疆ウイグル自治区 総合演習 訓練基地

画像情報

登録日時
2019/08/13 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
4480×6720 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
86.1(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ