「新華社」UNISOC開発センター探訪5Gチップにかける意気込み
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」UNISOC開発センター探訪5Gチップにかける意気込み 中国上海市の張江ハイテクパーク(張江高新技術産業開発区)にある半導体設計大手、紫光展鋭(UNISOC)のグローバルハードウェア開発センターでは、研究者が忙しく動き回っている。年内に予定する次世代移動通信システム「5G」のデータ関連製品とスマートフォン(スマホ)の商用化に向けたラストスパートの最中だという。同社はオープン市場向けスマホ用チップの設計企業で世界3番目の規模を持つ。2月に開催されたMWC(モバイル・ワールド・コングレス)では、独自開発した最初の5G通信技術プラットフォームと5Gベースバンドチップを発表している。楚慶(そ・けい)最高経営責任者(CEO)は、今後も優位を保ち続けるためにはさらなる取り組みが必要と語る。同社が策定した戦略では、製品やコア技術、標準必須特許(SEP)で単に一角を占めるだけでなく、重要な一角を占めることを目指すとしており、楚氏は実現に向けた決意を示した。(記者/陳傑、高少華)<映像内容>UNISOCのグローバルハードウェア開発センターの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ IT 科学 技術 5G 紫光展鋭 UNISOC ロゴマーク UNISOC UNISOC開発センター UNISOC開発センター探訪 オープン オープン市場 グローバル グローバルハードウェア グローバルハードウェア開発センター コア技術 スマートフォン データ関連 データ関連製品 ハイテクパーク ハードウェア ハードウェア開発センター プラットフォーム ベースバンド ベースバンドチップ モバイルワールドコングレス ラストスパート 中国上海市 半導体設計 半導体設計大手 取り組み 張江ハイテクパーク 張江高新技術産業開発区 意気込み 技術プラットフォーム 最高経営責任者 次世代移動 次世代移動通信システム 移動通信システム 設計企業 設計大手 通信システム 通信技術 通信技術プラットフォーム 開発センター 開発センター探訪 関連製品 高新技術産業開発区

映像情報

撮影日
2019/08/19
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分17秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4