青波が戻ったロプノール新疆ウイグル自治区
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 青波が戻ったロプノール新疆ウイグル自治区  14日、塩湖に昇る朝日。中国新疆ウイグル自治区にあるロプノールは、中国で2番目に大きな塩湖で、1970年代に干上がったが、この厳しい環境の土地には、希少な鉱物資源であるカリ岩塩が豊富に存在している。その採掘が進むにつれ、地下の天然塩水がくみ上げられ、塩水路を通って塩湖に流れ込み、ロプノールは再び「青い波が揺れる」風景が見られるようになった。中国国家開発投資集団の傘下企業、国投新疆羅布泊(ロプノール)鉀塩は2000年からこの地でカリ岩塩資源の開発を開始。20年近くにわたって建設と発展を続け、年産160万トンの硫酸カリウム生産施設と年産10万トンの硫酸カリウムマグネシウム肥料の生産施設を完成させた。世界最大の硫酸カリウム生産施設が誕生したことで、深刻だった中国のカリ肥料自給率不足の問題を解決へと導いた。(チャルクリク=新華社記者/趙戈)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 風景 景観 塩湖 カリ岩塩 カリ岩塩資源 カリ肥料 カリ肥料自給率 カリ肥料自給率不足 チャルクリク マグネシウム マグネシウム肥料 ロプノール ロプノール新疆ウイグル自治区 世界最大 中国国家 中国国家開発 中国新疆ウイグル自治区 傘下企業 国家開発 国家開発投資 国投新疆 天然塩水 岩塩資源 投新疆羅 投資集団 新疆ウイグル自治区 新疆羅布 生産施設 硫酸カリウム 硫酸カリウムマグネシウム 硫酸カリウムマグネシウム肥料 硫酸カリウム生産 硫酸カリウム生産施設 自給率不足 鉱物資源 開発投資 開発投資集団

画像情報

登録日時
2019/08/14 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
8256×5504 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
130.0(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ