五輪組織委の森会長 種目数、上限超えに疑問
本映像はログイン後にご覧いただけます

五輪組織委の森会長 種目数、上限超えに疑問 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は12日の理事会の冒頭で、同五輪で柔道混合団体や卓球混合ダブルス、バスケットボール3人制などの新規採用が決まったことを歓迎しつつ、実施種目が321種目となり、国際オリンピック委員会が上限としてきた約310種目を上回った点は「少し疑問に思っている」と述べた。<映像内容>会議頭撮り、会議後の記者会見など、撮影日:2017(平成29)年6月12日、撮影場所:東京都内

タグ 2020年東京五輪・パラリンピック 森喜朗 柔道混合団体 卓球混合ダブルス バスケットボール 3人制 国際オリンピック委員会 東京オリンピック 東京パラリンピック 東京五輪 TOKYO2020 東京2020 復興五輪 TOKYO ダブルス パラリンピック パラリンピック組織委員会 五輪組織 卓球混合 実施種目 新規採用 東京都内 柔道混合 森喜朗会長 混合ダブルス 混合団体 組織委員会

映像情報

撮影日
2017/06/12
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
02分06秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mov