「新華社」5G基地局など融合の開閉所、アモイで運用開始
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」5G基地局など融合の開閉所、アモイで運用開始 中国福建省アモイ市に位置する国家電網アモイ供電公司の天湖開閉所にこのほど、第5世代移動通信システム(5G)基地局とエッジコンピューティングステーションが設置され、同開閉所で行われていた全国初の「マルチステーション融合型」配電所プロジェクトが完成した。同開閉所は「マルチステーション融合型」に昇格した後、周辺の5Gネットワークカバレッジを実現し、低遅延・広帯域幅・高信頼性のエッジコンピューティングやモノのインターネット(IoT)といった技術サービスの提供が可能となり、高精細動画やコンテンツデリバリーネットワーク(CDN)、クラウドゲーム、ビデオ監視制御などのビジネスシーンで応用することができる。スマートシティーの発展には、高密度な5G基地局とデータセンター、エッジコンピューティングステーションのサポートが必要となる。広く分布する配電変電所と結合すると、建設コストが削減されるだけでなく、電力のシェアが可能となり、運用コストが大幅に削減される。アモイ市には現在、配電所や配電室が約5千カ所あり、20%シェアされると見積もると、5G基地局約千カ所分の建設場所を提供できる。<映像内容>アモイの「マルチステーション融合型」配電所プロジェクトが完成、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ IT 科学 技術 5G アモイ供 エッジコンピューティング エッジコンピューティングステーション クラウドゲーム コンテンツデリバリーネットワーク コンピューティング コンピューティングステーション サポート サービス シティー ステーション スマート スマートシティー データセンター ネットワークカバレッジ ビジネス ビジネスシーン ビデオ監視 ビデオ監視制御 プロジェクト マルチステーション マルチステーション融合 モノのインターネット 中国福建省 中国福建省アモイ 国家電網 国家電網アモイ 国家電網アモイ供 天湖開閉 広帯域幅 建設コスト 建設場所 技術サービス 監視制御 福建省アモイ 精細動画 遅延広帯域 遅延広帯域幅 運用コスト 運用開始 配電変電所

映像情報

撮影日
2019/09/02
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
50fps
再生時間
01分28秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4