空撮 天皇陵の新たな在り方検討 「合葬」が中心テーマに
本映像はログイン後にご覧いただけます

空撮 天皇陵の新たな在り方検討 「合葬」が中心テーマに 宮内庁が、将来の課題として、象徴天皇制にふさわしい天皇陵の新たな在り方について数年前から検討を始めていたことが6日、明らかになった。皇后との「合葬」が中心テーマになっている<映像内容>大正天皇と皇后の貞明皇后、昭和天皇、香淳皇后の4人の陵がある東京都八王子市の武蔵陵墓地と宮内庁外観、空撮、撮影日:2006(平成18)年7月6日、撮影場所:東京都八王子市

タグ 宮内庁 課題 象徴天皇制 象徴天皇 天皇陵 天皇 在り方 検討 皇后 合葬 将来 大正天皇 大正 貞明皇后 昭和天皇 昭和 香淳皇后 埋葬 武蔵陵墓地 皇室典範 皇室 東京都八王子市 東京都 八王子市 中心テーマ 在り方検討 宮内庁外観

映像情報

撮影日
2006/07/06
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
02分30秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4