中国東北部の「恐竜の里」を訪ねて黒竜江省嘉蔭県
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 中国東北部の「恐竜の里」を訪ねて黒竜江省嘉蔭県  嘉蔭恐竜国家地質公園の俯瞰図。(資料写真)中国黒竜江省伊春市嘉蔭県は、黒竜江(アムール川)中流の右岸に位置し、川を隔ててロシアと向かい合っている。1902年、科学者がこの地で「マンチュロサウルス(Mandschurosaurus)」を代表とする大型ハドロサウルス科(Hadrosauridae、カモノハシ恐竜)の恐竜化石を発見した。考証により、同県には数百もの恐竜の化石が埋まっていることが分かり、「恐竜の里」と呼ばれるようになった。嘉蔭県はここ数年、恐竜という特色ある文化的シンボルを柱に神州恐竜博物館を設立し、恐竜国家地質公園の建設と地質遺跡保護事業も加速させている。(嘉蔭=新華社配信/中国共産党嘉蔭県委員会宣伝部提供)=撮影日不明、クレジット:中国共産党嘉蔭県委員会宣伝部/新華社/共同通信イメージズ

タグ 恐竜 風景 Hadrosauridae Mandschurosaurus アムール川 カモノハシ カモノハシ恐竜 シンボル ハドロサウルス マンチュロサウルス 中国共産党 中国共産党嘉蔭県 中国共産党嘉蔭県委員会 中国東北部 中国黒竜江省 中国黒竜江省伊春市 伊春市嘉蔭県 保護事業 嘉蔭恐竜 嘉蔭県委員会 嘉蔭県委員会宣伝 国家地質 国家地質公園 国東北部 地質公園 地質遺跡 地質遺跡保護事業 大型ハドロサウルス 委員会宣伝 恐竜化石 恐竜博物館 恐竜国家 恐竜国家地質 文化的シンボル 神州恐竜 神州恐竜博物館 蔭恐竜国家 遺跡保護事業 黒竜江省 黒竜江省伊春市 黒竜江省伊春市嘉蔭県 黒竜江省嘉蔭県

画像情報

登録日時
2019/08/29 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
1837×4272 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
22.4(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ