「舌先の幸福感」を求めて変わりゆく鉄道と食の70年
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 「舌先の幸福感」を求めて変わりゆく鉄道と食の70年  1980年代の鉄道列車内での食事の様子。(資料写真)中国高速鉄道の営業距離は3万キロに達し、中国は世界で高速鉄道の距離が最も長く、輸送密度が最も高い国となった。乗客の旅への期待は「快適さ」から「グルメ」へと広がり、「舌先の幸福感」は新中国成立から70年にわたり追求されてきた。(北京=新華社配信/北京鉄路局提供)=撮影日不明、クレジット:北京鉄路局/新華社/共同通信イメージズ

タグ 鉄道 食事 中国成立 中国高速鉄道 北京鉄路局 営業距離 輸送密度 鉄道と食 鉄道列車 高速鉄道

画像情報

登録日時
2019/08/30 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
2354×3324 pixel
解像度
300 dpi
展開サイズ※
22.3(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ