湖南省株洲市、世界的に有名な「動力谷」建設加速計画を発表
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 湖南省株洲市、世界的に有名な「動力谷」建設加速計画を発表  べレス駅に停車する中国から初めて欧州(マケドニア)に輸出された高速鉄道。中車株洲電力機車有限公司によって研究開発された。(資料写真)中国共産党湖南省株洲(しゅしゅう)市委員会常務委員会会議でこのほど、「株洲・中国動力谷(中国のパワーバレー)発展計画(2018-2025)」が審議され、大筋で採択された。今後同市はパワーをもつ世界的に有名な都市の建設を加速する。株洲市は2013年に「中国動力谷」の建設を正式にスタートさせた。近年、リソースやエレメントの統合により、同市の「動力産業」は持続的な成長を遂げ、自動車、軌道交通、航空産業発展の先駆者としての地位が次第に確立され、中国のパワーバレーブランドの影響力も向上し続けている。(長沙=新華社配信/中車株洲電機有限公司提供)=撮影日不明、クレジット:中車株洲電機有限公司/新華社/共同通信イメージズ

タグ 鉄道 交通 しゅしゅ エレメント スタート パワーバレー パワーバレーブランド マケドニア リソース 中国共産党 中国共産党湖南省 中国共産党湖南省株 中国動力 中国動力谷 中車株洲 加速計画 動力産業 委員会常務委員会 委員会常務委員会会議 市委員会 市委員会常務委員会 常務委員会 常務委員会会議 建設加速 建設加速計画 有限公司 株洲中国 株洲電力 株洲電機 洲中国動力 洲電機有限公司 湖南省株 湖南省株洲 湖南省株洲市 発展計画 研究開発 航空産業 航空産業発展 軌道交通 電機有限公司 高速鉄道

画像情報

登録日時
2019/09/02 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
2448×3264 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
22.8(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ