「新華社」マツタケ産業がチベット族居住地域の貧困脱却を後押し四川省
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」マツタケ産業がチベット族居住地域の貧困脱却を後押し四川省 中国四川省成都市の成都農産品センター卸売市場で3日、2019四川マツタケフェアおよびマツタケ消費による貧困者支援を目的とした展示即売会が開催された。中国は世界最大のマツタケ輸出国で、四川省のマツタケ生産量は全国の約70%を占め、うちカンゼ・チベット族自治州の生産量は同省の70%も占めている。マツタケを主とする天然の食用菌はこれまで一貫して同省チベット族居住地域の農牧民にとっての重要な収入源で、1年当たりの生産量は8千トン、地元の人々に10億元(1元=約15元)のマツタケ収穫による収入をもたらし、関連産業の生産額は20億元以上となっている。ますます多くの都市住民が、栄養価が高くおいしい食材を好むようになった。展示即売会に参加した業者の1人は、カンゼ・チベット族自治州の人々の収入のおよそ6割がマツタケのシーズンに生み出されており、チベット族居住地域の重要な収入源の一つになっていると語った。マツタケは生育環境の条件が非常に厳しく、いかなる汚染もなく人の手が入っていない原生林でのみ生育が可能なため、生産量が限られている。良い新鮮なマツタケは、傘のような形状をしており、色は鮮明で、肉質は白く柔らかくて厚く、濃厚な特有の香りがある。交通や物流の発達に伴い、山奥に自生したマツタケが都市の食卓に上るようになり、都市住民がマツタケを味わうために産地を観光で訪れるようにもなり、マツタケ産地のエコツーリズムの発展をけん引している。同省の山の幸輸出入商会はこのほど「マツタケ白書」の編さんを開始し、産学研(企業・大学・研究開発機関)の視点からマツタケ産業を系統的に整理し、業界発展に科学的資料を提供する。(記者/蕭永航、張可凡)<映像内容>中国四川省のマツタケ展示即売会の様子、撮影日:2019(令和元)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ マツタケ きのこ 食品 エコツーリズム カンゼチベット族自治州 シーズン センター センター卸売市場 チベット族 チベット族居住 チベット族居住地域 マツタケフェア マツタケ収穫 マツタケ展示 マツタケ展示即売 マツタケ消費 マツタケ生産量 マツタケ産地 マツタケ産業 マツタケ白書 マツタケ輸出国 世界最大 中国四川省 中国四川省成都市 企業大学 企業大学研究開発 卸売市場 同省チベット族 同省チベット族居住 四川省成都市 大学研究開発 大学研究開発機関 居住地域 展示即売 展示即売会 山の幸輸出入 山の幸輸出入商会 後押し四川省 成都農産品 成都農産品センター 業界発展 生育環境 研究開発 研究開発機関 貧困脱却 輸出入商会 農産品センター 農産品センター卸売市場 都市住民 関連産業

映像情報

撮影日
2019/09/03
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
HD
フレームレート
25fps
再生時間
01分20秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4