国内最大の酒造施設遺跡を発見安徽省淮北市
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 国内最大の酒造施設遺跡を発見安徽省淮北市  1日、空から撮影した濉渓酒造施設遺跡。中国安徽省文物考古研究所は4日、同省淮北市濉渓(すいけい)県で明・清代の酒造施設遺跡が見つかったことを明らかにした。測量された面積は1万8千平方メートル、発掘面積は3千平方メートルで、中国で発掘された酒造施設遺跡としては過去最大だという。(淮北=新華社配信/陳超)=2019(令和元)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 歴史 中国文化 中国安徽省 中国安徽省文物 北市濉渓 同省淮北市 国内最大 安徽省文物 安徽省文物考古 安徽省淮 安徽省淮北市 文物考古 文物考古研究所 施設遺跡 淮北市濉 渓酒造施設 濉渓酒造 発掘面積 発見安徽省 発見安徽省淮 考古研究所 酒造施設 酒造施設遺跡

画像情報

登録日時
2019/09/01 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3000×4000 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
34.3(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ