山頂の巨大「急須」がお茶産地の新名所に貴州省湄潭県
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 山頂の巨大「急須」がお茶産地の新名所に貴州省湄潭県  貴州省湄潭県中心部にそびえる巨大「急須」。(8月31日撮影、小型無人機から)中国貴州省にあるお茶の名産地、湄潭(びたん)県に「世界一の急須」と呼ばれる急須型の巨大な建物がある。鉄筋コンクリートで建てられた「急須」は県中心部の火焔山山頂にそびえたつ。1999年に建設が始まり、2006年に完成した。高さ25・6メートルの土台の上に48・2メートルの巨大「急須」が立つ。合計の高さは73・8メートルに達し、体積は2万8千立方メートルを超える。傍らにある「茶碗」は高さ16・8メートル、体積300立方メートル。巨大「急須」の内部はエレベーターが設置され、お茶などの売り場と陳列館に分かれ、陳列館には主にお茶の貿易と文化に関する品物が並ぶ。現在では地元のランドマークとなり、観光客が必ず訪れる新名所の一つになった。(貴陽=新華社記者/楊焱彬)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ ドローン 空撮 風景 景観 街並み 建築 お茶産地 エレベーター ランドマーク 中国貴州省 小型無人機 火焔山山頂 県中心部 貴州省湄 貴州省湄潭 鉄筋コンクリート

画像情報

登録日時
2019/08/31 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
2160×3840 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
23.7(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ