「新華社」江西省都昌県でテナガエビの水揚げが最盛期
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」江西省都昌県でテナガエビの水揚げが最盛期 中国江西省にある中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)で、このほどテナガエビの水揚げが最盛期に入っている。同省都昌県の城西埠頭では、漁民がエビをすくい、選別し、重さを量って出荷する作業に追われた。鄱陽湖のテナガエビは淡水エビの一種で、中国内陸部の重要な水産資源の一つ。自然豊かな環境で育った高品質のエビは長年にわたり、江西省や浙江省、上海市、広東省などで販路を築いてきた。(記者/黄和遜、劉新)<映像内容>テナガエビの水揚げの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 漁業 テナガエビ 中国内陸部 中国最大 中国江西省 同省都昌県 城西埠頭 水産資源 江西省都昌県 淡水エビ

映像情報

撮影日
2019/09/18
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分38秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4