「新華社」中国竜文化特別展が開幕150点以上の貴重な文化財を公開
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」中国竜文化特別展が開幕150点以上の貴重な文化財を公開 中国竜文化特別展が12日、江蘇省の常州博物館で正式に開幕した。新石器時代から明、清代に至るまでの「竜」を題材とした青銅器、玉細工、磁器、陶器、書画など多種多様な文化財が、全国各地から150点余り集められた。同博物館の林健(りん・けん)館長は、今回の特別展には国内約20カ所の博物館や研究所が所蔵する150点余りの文化財が出品され、中国で開かれる竜関連の文化財の展示としては、ここ数十年で最大規模、最高ランクの大型展の一つだと紹介した。会期は11月10日までとなっている。展示品の種類は豊富で、竜をかたどった中国新石器時代初期の玉器である天津博物館所蔵の「玉猪竜」や、良渚(りょうしょ)文化の様式が表れた浙江省文物考古研究所所蔵の「玉竜首紋管」、徐州博物館所蔵の「双区竜紋青玉璧」、蘇州博物館所蔵の「唐代大金竜」などが含まれている。南京博物院は今回、竜紋の磁器4点、竜袍(りゅうほう、竜の刺しゅうが施された皇帝の衣装)2着、玉器数点などの貴重な文化財を出展した。同博物院の職員、高潔(こう・けつ)さんは「出品した4点の磁器はいずれも清代の官窯製で、主に竜の文様が施されている。竜は清代でまた皇室の象徴だった」と説明した。(記者/何磊静)<映像内容>中国竜文化特別展の様子、玉細工や陶器など文化財の展示、撮影日:2019(令和元)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国文化 歴史 りんけん 中国新石器時代 中国新石器時代初期 中国竜文化 全国各地 刺しゅう 南京博物院 博物館所蔵 唐代大金 唐代大金竜 天津博物館 天津博物館所蔵 常州博物館 徐州博物館 徐州博物館所蔵 文化特別展 文物考古 文物考古研究所 新石器時代 新石器時代初期 最大規模 最高ランク 浙江省文物 浙江省文物考古 玉竜首紋 研究所所蔵 竜文化特別展 竜紋青玉 紋青玉璧 考古研究所 考古研究所所蔵 蘇州博物館 蘇州博物館所蔵

映像情報

撮影日
2019/09/12
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
HD
フレームレート
25fps
再生時間
00分38秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4