「新華社」杭州市で「世界宅配発展報告」発表中国の宅配取扱量は引き続き世界をリード
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」杭州市で「世界宅配発展報告」発表中国の宅配取扱量は引き続き世界をリード 中国浙江省杭州市桐廬(とうろ)県でこのほど、国家郵政局と浙江省人民政府、中国宅配業者協会が主催する「第3回中国(杭州)国際宅配業会議」が開かれ、国家郵政局発展研究センターが最新の「世界宅配発展報告」を発表した。同センター郵便事業国際発展合作研究諮問センターの扈長松(こ・ちょうしょう)主任は、2018年の世界の宅配市場ではアジアと欧州、北米市場がシェアの大部分を占めたと説明。宅配取扱量では中国が各国をリードしており、市場は活況を呈していると述べた。専門家は世界の宅配業の発展について、この先も成長の勢いが続くと指摘。国際配達業務が引き続き安定成長を続け、国際貿易の発展を後押しすると予測する。中国と米国、欧州は引き続き市場をリードし、地域市場で高度な集中化が進むほか、新興経済体の宅配市場では徐々に利益がもたらされるようになり、世界の宅配ネットワークはさらに整備されるとの見方を示す。「報告」によると、宅配技術の将来の発展動向は主に三つの方面に示されるという。(記者/鄭夢雨、李濤、黄篠、唐弢)<映像内容>第3回中国(杭州)国際宅配業会議開催、宅配作業の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※一部映像が乱れています。

タグ 宅配業 IT 科学 技術 ちょうしょう センター センター郵便事業 センター郵便事業国際 ネットワーク 世界宅配 世界宅配発展 中国宅配 中国宅配業者 中国浙江省 中国浙江省杭州市 人民政府 会議開催 北米市場 合作研究 合作研究諮問 国家郵政 国家郵政局 国家郵政局発展 国際宅配業 国際宅配業会議 国際発展 国際発展合作 国際貿易 国際配達 国際配達業務 地域市場 宅配ネットワーク 宅配作業 宅配取扱 宅配市場 宅配技術 宅配業会議 宅配業会議開催 宅配業者 宅配業者協会 宅配発展 宅配発展報告 新興経済 杭州市桐 杭州市桐廬 業者協会 浙江省人民 浙江省人民政府 浙江省杭州市 浙江省杭州市桐 発展動向 発展合作 発展合作研究 発展報告 発展研究 発展研究センター 発表中国 研究センター 研究諮問 研究諮問センター 諮問センター 郵便事業 郵便事業国際 郵便事業国際発展 郵政局発展 郵政局発展研究 配達業務

映像情報

撮影日
2019/09/18
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
HD
フレームレート
25fps
再生時間
03分16秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4