「新華社」フルンボイルの風土と人情を1分間で紹介
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」フルンボイルの風土と人情を1分間で紹介 中国内モンゴル自治区の北東部に位置するフルンボイル市は、市内にあるフルン湖とボイル湖から名付けられた。同市は中国北方の狩猟・遊牧民族発祥地の一つで、かつては匈奴や鮮卑、契丹、女真など多くの民族が暮らし、鮮卑による北魏王朝もこの地を起源としていた。現在、モンゴル族、ダウール族、エベンキ族、オロチョン族、ロシア族など30余りの少数民族がここに住んでおり、民族的な風情が濃く、自然の景観も豊かだ。(記者/葉紫嫣)<映像内容>フルンボイル市で暮らす人たちの様子や自然の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 民族衣装 動物 生き物 自然 風景 景観 生活 暮らし エベンキ オロチョン ダウール フルンボイル フルン湖 ボイル湖 モンゴル族 中国内モンゴル自治区 中国北方 内モンゴル自治区 北魏王朝 少数民族 狩猟遊牧民族 狩猟遊牧民族発祥 遊牧民族 遊牧民族発祥

映像情報

撮影日
2019/09/18
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
00分58秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4