「新華社」歴史ある鉱山区が観光地に新疆可可托海鎮
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」歴史ある鉱山区が観光地に新疆可可托海鎮 中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区コクトカイ(富蘊)県政府所在地の北東48キロメートル、アルタイ山脈に位置する可可托海鎮は「中国金属工業のゆりかご」と評されている。同鎮には有名な3号鉱脈があり、世界的に認められた「地質教科書」「天然地質博物館」でもある。可可托海鎮は中国の既知の有用鉱物170種類余りのうち80種類余りを産出し、航空宇宙・国防工業の発展に貴重な原料を供給していたが、20世紀末に資源の枯渇という発展上の難問に直面した。可可托海鉱工業区では2013年、中国初の独立鉱工業区試験機関再開発・移転実施プロジェクトに正式に加わったことが産業観光の発展の契機となった。可可托海鎮は大規模な土壌整備、植生回復などの作業により、周囲の地表が露出した山々に再び「緑の衣」をまとわせるとともに、阿依果孜鉱洞、3号鉱脈などの観光開発を完了した。同鎮は、世界ジオパークや国家森林公園など一連の自然景観や資源が集中しており、歴史ある鉱山区が新たな観光地へと生まれ変わっている。(記者/尚昇)<映像内容>可可托海鎮の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 風景 景観 空撮 街並み ゆりかご アルタイ アルタイ地区 アルタイ地区コクトカイ アルタイ山脈 イリカザフ イリカザフ自治州 イリカザフ自治州アルタイ コクトカイ プロジェクト 世界ジオパーク 中国新疆ウイグル自治区 中国新疆ウイグル自治区イリカザフ 中国金属 中国金属工業 再開発移転 再開発移転実施 国家森林公園 国防工業 土壌整備 地区コクトカイ 地質博物館 地質教科書 天然地質 天然地質博物館 実施プロジェクト 托海鉱工業 政府所在地 新疆ウイグル自治区 新疆ウイグル自治区イリカザフ 新疆ウイグル自治区イリカザフ自治州 森林公園 植生回復 機関再開発 機関再開発移転 海鉱工業 独立鉱工業 産業観光 県政府所在地 移転実施 移転実施プロジェクト 自治州アルタイ 自治州アルタイ地区 自然景観 航空宇宙 航空宇宙国防 航空宇宙国防工業 観光開発 試験機関 試験機関再開発 金属工業

映像情報

撮影日
2019/09/18
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
SD
フレームレート
25fps
再生時間
02分00秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4