「新華社」ジャイアントパンダ、「歯科検診」受ける四川省成都市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」ジャイアントパンダ、「歯科検診」受ける四川省成都市 中国四川省にある成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地でこのほど、ジャイアントパンダの歯科臨床技術と応用研究に関するプロジェクトが正式に始動した。中国マカオ・ジャイアントパンダ基金の支援の下、研究基地は南アフリカの獣医・歯科専門家セドリック・タット博士を特別に招き、パンダの口腔内検査を行った。パンダの保護活動の歴史の中で系統的で大規模な歯科検診が行われるのはこれが初めて。国内外の専門家は、口腔内の衛生、歯の発育、歯内・歯髄・歯周の状態などの角度から、パンダによく見られる口腔疾患について詳細な検査を実施し、そうした疾患の検査やケア、歯のレントゲン撮影や歯牙解剖学に基づく3Dスキャンを行った。抜き取り検査を受けた20頭のパンダのうち、一部のパンダに軽度の歯肉炎や歯石、軽度の歯牙摩耗や中度の歯牙着色が見られた。また歯牙の摩耗により歯髄が露出し、根管治療を必要とする個体もいた。しかし全体として今回検査を受けたパンダの歯牙と歯肉は、いずれも良好で健康な状態にあった。パンダ基地の獣医によると、パンダは普段竹を主食としており、種類が単一で硬いため、歯が摩耗しやすく、歯に問題が生じても他の食品で代替することが難しい。そのため歯の手入れと口腔医療はパンダの臨床医学において必要不可欠だという。今回実施されたパンダの口腔内検査は、パンダの口腔疾患の予防や治療のために重要な参考データを提供した。(記者/蕭永航)<映像内容>パンダの歯科検診の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 動物 生き物 歯科検診 そのため そのため歯 ジャイアントパンダ ジャイアントパンダ基金 ジャイアントパンダ繁殖 ジャイアントパンダ繁殖研究 スキャン セドリックタット セドリックタット博士 パンダ基地 プロジェクト マカオジャイアントパンダ マカオジャイアントパンダ基金 レントゲン レントゲン撮影 中国マカオ 中国マカオジャイアントパンダ 中国四川省 保護活動 南アフリカ 参考データ 口腔医療 口腔疾患 四川省成都市 専門家セドリックタット 専門家セドリックタット博士 必要不可欠 応用研究 成都ジャイアントパンダ 成都ジャイアントパンダ繁殖 抜き取り検査 歯内歯髄 歯内歯髄歯 歯牙摩耗 歯牙着色 歯牙解剖 歯科専門家 歯科専門家セドリックタット 歯科臨床 歯科臨床技術 獣医歯科 獣医歯科専門家 研究基地 繁殖研究 繁殖研究基地 臨床医学 臨床技術

映像情報

撮影日
2019/09/19
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
02分53秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4