【新中国成立70周年】成都市の地下鉄に「流動博物館」のラッピング列車が登場
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 【新中国成立70周年】成都市の地下鉄に「流動博物館」のラッピング列車が登場  18日、「流動博物館」のラッピング列車の車内に展示された1960~90年代の食糧配給切符(糧票)。中国四川省成都市の成都地下鉄7号線(環状線)で18日、成都軌道集団、四川省建川博物館、中車集団成都公司などが共同で企画した「流動博物館」のラッピング列車の運行が始まった。「タイムトンネル」をあしらったデザインの車内には、主催者側が丹念に収集・選択した1949年~2019年の貴重な300枚以上の歴史写真および文化財の写真とともに、新中国、特に四川、成都の70年間の奮闘の歴史や庶民の衣食住・交通手段の大きな変化を示す資料や写真などが、年代ごとに展示されている。(成都=新華社配信/王曦)=2019(令和元)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新中国成立70周年 建国70周年 タイムトンネル デザイン ラッピング ラッピング列車 中国四川省 中国四川省成都市 中国成立 中車集団 中車集団成都 交通手段 収集選択 四川省建川 四川省建川博物館 四川省成都市 建川博物館 成都公司 成都軌道 成都軌道集団 歴史写真 流動博物館 衣食住交通手段 軌道集団 配給切符 集団成都 集団成都公司 食糧配給 食糧配給切符

画像情報

登録日時
2019/09/18 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
2000×3000 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
17.1(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ