基準地価発表 明治屋銀座ビル
本映像はログイン後にご覧いただけます

基準地価発表 明治屋銀座ビル 国土交通省が19日発表した7月1日時点の都道府県地価(基準地価)によると、三大都市圏を除く地方圏の商業地は前年比プラス0・3%となり、1991年以来28年ぶりに上昇に転じた。バブル崩壊後の上昇は初めて。訪日客の増加や市街地再開発で札幌、仙台、広島、福岡の主要4市を中心に上昇傾向が広がり、全体を引き上げた。地方圏の住宅地はマイナス0・5%で、93年以来の下落が継続している。最高価格地点は14年連続で東京都中央区銀座2丁目の商業地「明治屋銀座ビル」。1平方メートル当たり4320万円だった。<映像内容>東京都中央区銀座2丁目の商業地「明治屋銀座ビル」周辺の様子、撮影日:2019(令和元)年9月19日、撮影場所:東京都中央区銀座2丁目 明治屋銀座ビル周辺

タグ 国土交通省 7月1日時点 都道府県地価 基準地価 三大都市圏 地方圏 商業地 前年比プラス0・3% 1991年以来28年ぶりに上昇 バブル崩壊後 バブル 訪日客の増加 市街地再開発 札幌 仙台 広島 福岡 主要4市 上昇傾向 引き上げ 住宅地 マイナス0・5% 1993年以来 下落が継続 最高価格地点 14年連続 東京都中央区銀座2丁目の商業地 明治屋銀座ビル バブル景気 バブリー バブル崩壊 ビル周辺 マイナス 三大都市 価格地点 前年比プラス 基準地価発表 明治屋銀座 最高価格 東京都中央 都道府県 銀座ビル 銀座ビル周辺

映像情報

撮影日
2019/09/19
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
00分50秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4