「新華社」インドネシアに生息する世界最大のトカゲ
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」インドネシアに生息する世界最大のトカゲ コモドオオトカゲ(コモドドラゴン)はインドネシアの固有種で、現在生息する世界最大のトカゲとして知られる。野生の成体は平均体長が2~3メートル、体重が70キロだが、人工飼育されたものはさらに大きい。一部の科学者は、このトカゲが恐竜の親戚だと考えており、コモドオオトカゲの研究を通じて恐竜の習性を推測する科学者もいる。コモドオオトカゲの多くはインドネシアの小スンダ列島に生息している。現在の個体数は3千匹以下となっており、世界で最も貴重な動物の一つとしてインドネシアの「国獣」となっており、国際自然保護連合(IUCN)の「危急種」に指定されている。インドネシアでは個体数の増加を目的として、コモド島に国立公園を設立した。(記者/宗萍萍)<映像内容>飼育されてるコモドオオトカゲの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 動物 生き物 爬虫類 IUCN インドネシア コモドオオトカゲ コモドドラゴン 世界最大 人工飼育 国立公園 国際自然保護連合 小スンダ列島 平均体長

映像情報

撮影日
2019/09/25
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
00分55秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4