「新華社」アリババDAMOアカデミー、2年間で約40項目の世界一を獲得
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」アリババDAMOアカデミー、2年間で約40項目の世界一を獲得 中国の電子商取引(EC)大手アリババグループは、2年前に開かれたクラウドコンピューティングのイベント「2017杭州・雲栖大会」で、基礎科学や概念を覆すような技術革新を研究する機関「アリババDAMOアカデミー」の設立と、今後3年間で技術開発に1千億元(1元=約15円)以上を投資することを発表した。設立から2年経った同機関は25日、研究の成果と進展状況を発表した。今年9月現在、DAMOアカデミーは世界トップクラスの学術会議で累計450本近い論文を発表。自然言語処理やスマート言語、ビジュアルコンピューティングなどの分野で、アルゴリズムが40項目以上の「世界一」を獲得し、同機関はアリババにとって科学技術の人材と基礎技術の研究開発を結集した「技術の礎」となった。DAMOアカデミーは2年間で世界規模の研究開発ネットワークを構築。中国や東南アジア、欧州、中東、北米、イスラエルなどに研究開発センターを設立し、世界の有名大学150校余りの100以上の研究チームとプロジェクト協力を展開している。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>アリババDAMOアカデミーの設立発表、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ IT 科学 技術 DAMO DAMOアカデミー アカデミー アリババ アリババDAMO アリババDAMOアカデミー アリババグループ アルゴリズム イスラエル イベント クラウドコンピューティング コンピューティング スマート スマート言語 センター トップクラス ネットワーク プロジェクト プロジェクト協力 世界トップクラス 世界規模 基礎技術 基礎科学 大手アリババグループ 学術会議 技術開発 技術革新 杭州雲栖 東南アジア 研究チーム 研究開発 研究開発センター 研究開発ネットワーク 科学技術 自然言語処理 設立発表 進展状況 雲栖大会 電子商取引

映像情報

撮影日
2019/09/30
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分41秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4