「新華社」アリババクラウド、23の都市に「都市大脳」導入、今後は空港とも連携
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」アリババクラウド、23の都市に「都市大脳」導入、今後は空港とも連携 中国の電子商取引(EC)大手アリババグループはこのほど、「2019杭州・雲栖大会」で同社の事業部門アリババクラウド(AlibabaCloud)のAI技術「都市大脳」(シティーブレーン)についてこの3年間の成果を発表した。それによると、同社は世界23の都市で同技術を導入し、交通、都市管理、文化観光、保健など11の分野、48シーンをカバーした。同技術はデジタル経済の「第一城」(最先端都市)杭州の成長の鍵としての原動力になっているという。アリババは同日、アリババクラウドが杭州蕭山国際空港で行う新規プロジェクトを発表。「都市大脳」の調整能力を生かし飛行機の離発着、乗客の搭乗や降機、手荷物搬送、給油、機内食配膳、点検、清掃などを効率的に管理する。今後、都市のデータと同空港のデータを融合し、宅配荷物の発送から高速鉄道駅の連携運用という小から大までの正確な計算や管理を可能にする計画だという。調整不足による時間や資源の無駄を省き、高速鉄道、都市の道路が飛行機の動きを読み取れるようになるとしている。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>アリババクラウドのAI技術「都市大脳」導入の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ IT 科学 技術 交通 AI技術 AlibabaCloud アリババ アリババクラウド アリババグループ クラウド シティー シティーブレーン デジタル デジタル経済 ブレーン プロジェクト 事業部門 事業部門アリババ 事業部門アリババクラウド 国際空港 大手アリババグループ 宅配荷物 手荷物搬送 文化観光 新規プロジェクト 最先端都市 杭州雲栖 機内食配膳 調整不足 調整能力 連携運用 都市大脳 都市管理 雲栖大会 電子商取引 高速鉄道

映像情報

撮影日
2019/09/30
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
01分32秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4