会見する西川広人日産社長兼最高経営責任者
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

会見する西川広人日産社長兼最高経営責任者  日産自動車は9日、西川広人社長兼最高経営責任者(CEO)が16日付で辞任し、同日付で山内康裕最高執行責任者(COO)が社長兼CEOを代行すると発表した。後任の社長兼CEOは10月末までに決める。社内調査により、株価連動型報酬の受け取りで西川社長が社内ルールを破っていたことがわかった。元会長カルロス・ゴーン被告の不正を受けガバナンス強化を掲げる中、日産取締役会は迅速に西川社長に引責辞任を促した。西川社長は、株価に連動する報酬を受け取れる権利「ストック・アプリシエーション・ライト(SAR)」の運用を元代表取締役グレッグ・ケリー被告ら事務方に任せていた。ケリー被告らは行使日を偽造し、結果的に西川社長は約4700万円超を不正に得た。西川社長は偽装の事実を認識しておらず、指示も出していないため、法律違反には当たらないが、SARは本人が管理するとの社内ルールは破っていた。西川社長はかさ上げされた金額を返納する。以前から西川社長はゴーン後の新体制の立ち上げや、経営再建に道筋を付けた段階で、早期に辞任する意向を示してきた。こうした中でSAR問題が発覚。取締役会は16日付の辞任を要請し、西川社長が受け入れた。同日会見した日産取締役会議長の木村康氏は「新体制になりガバナンスをしっかり効かせることが不可欠。このスピード感でトップ交代することで、(ステークホルダーに)ギリギリで納得してもらえる」と述べた。西川社長は「自分の果たすべき”宿題”にある程度のめどを付けられた。いろいろ想定した中で、最も早い辞任タイミングとなった」と話した。後任社長兼CEOについては日産社内外の候補者リストをつくり、現在、絞り込み作業を行っている。指名委員会委員長の豊田正和氏は「成長回復期なので車産業に詳しくて、仏ルノーと三菱自動車との企業連合に深い理解と大きな関心を持つ人」と人選のポイントを説明した。=2019(令和元)年9月9日、日産グローバル本社、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

タグ 日産 西川広人 山内康裕 ストック・アプリケーション・ライト かさ上げ カルロスゴーン カルロスゴーン被告 ガバナンス ガバナンス強化 グレッグケリー グレッグケリー被告 グローバル グローバル本社 ケリー被告 ステークホルダー ストックアプリケーションライト ストックアプリシエーションライト スピード感 タイミング トップ交代 ポイント 三菱自動車 仏ルノー 企業連合 会長カルロスゴーン 会長カルロスゴーン被告 候補者リスト 元代表取締役 元代表取締役グレッグケリー 取締役グレッグケリー 取締役グレッグケリー被告 取締役会 取締役会議長 受け取り 委員会委員長 山内康裕最高執行責任者 広人日産 広人日産社長 広人社長 引責辞任 後任社長 成長回復 指名委員会 指名委員会委員長 日刊工業新聞 日産グローバル 日産グローバル本社 日産取締役会 日産取締役会議長 日産社内外 日産社長 日産自動車 最高執行責任者 最高経営責任者 株価連動 法律違反 社内ルール 社内調査 立ち上げ 経営再建 絞り込み 絞り込み作業 西川広人日産 西川広人社長 西川社長 豊田正和 辞任タイミング

画像情報

登録日時
2019/09/09 22:02:55
種別
画像 / 報道
提供元
日刊工業新聞

データサイズ

画像サイズ
2000×3000 pixel
解像度
350 dpi
展開サイズ※
17.1(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ