体細胞クローン豚の出産に成功四川省
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 体細胞クローン豚の出産に成功四川省  9月29日、乳を飲む体細胞クローン胚移植技術により生まれた子豚。中国四川農業大学は1日、同省巴中(はちゅう)市にある原種青峪(せいよく)豚飼育場で9月29日に、青峪豚の体細胞クローン胚移植技術により妊娠した母豚4頭が、計23頭の原種青峪豚を順調に出産し、子豚の健康状態は良好だと明らかにした。「巴中土猪」とも呼ばれる青峪豚は、四川省のブランド豚で、同省の「畜禽遺伝資源保護リスト」に掲載されている。(成都=新華社配信/四川農業大学提供)=2019(令和元)年9月29日、クレジット:四川農業大学/新華社/共同通信イメージズ

タグ 科学 技術 クローン豚 動物 生き物 クローン ブランド ブランド豚 中国四川農業大学 体細胞クローン 体細胞クローン胚移植 体細胞クローン胚移植技術 体細胞クローン豚 保護リスト 健康状態 原種青峪 四川農業大学 巴中土猪 成功四川省 畜禽遺伝資源 禽遺伝資源 禽遺伝資源保護 胚移植技術 遺伝資源 遺伝資源保護 遺伝資源保護リスト

画像情報

登録日時
2019/09/29 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
1440×1080 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
4.4(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ