安藤知事、辞職を否定 県議会は問責決議可決
本映像はログイン後にご覧いただけます

安藤知事、辞職を否定 県議会は問責決議可決 橋の設計をめぐる官製談合事件が摘発された宮崎県で22日、定例県議会の本会議が開かれ、安藤忠恕(あんどう・ただひろ)知事(65)は幹部職員3人の逮捕を謝罪した上で「厳正な服務規律の確立に取り組み、県政発展に全力を傾けたい」とあらためて辞職の考えがないことを強調した。また、安藤知事は「連日報道がなされていますが、私は関与しておらず、残念に感じている」と述べた。本会議では知事の問責決議も可決。安藤知事は「真摯(しんし)に受け止めたい」と語った<映像内容>本会議場に入る安藤知事、檀上で発言する知事、記者の質問に答えながら知事室へ入る様子、県議会出入り口外観、撮影日:2006(平成18)年11月22日、撮影場所:宮崎県宮崎市

タグ 設計 官製談合事件 摘発 県議会 本会議 安藤忠恕知事 幹部職員 逮捕 謝罪 辞職 問題 否定 問責決議 可決 宮崎県宮崎市 あんどう 出入り口外 問責決議可決 安藤忠恕 安藤知事 官製談合 定例県議会 服務規律 本会議場 県政発展 県議会出入り 県議会出入り口外

映像情報

撮影日
2006/11/22
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
02分55秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4