京劇「大唐貴妃」18年ぶり上演へ、楊貴妃の生涯を演じる
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 京劇「大唐貴妃」18年ぶり上演へ、楊貴妃の生涯を演じる  8日に撮影した京劇「大唐貴妃」の舞台写真。中国の著名な京劇俳優、梅蘭芳(メイ・ランファン、1894~1961年)の息子、梅葆玖(ばい・ほうきゅう)を中心に制作された京劇「大唐貴妃」が、来月上海で上演され、唐の玄宗皇帝と楊貴妃の愛情物語が18年ぶりに再び繰り広げられる。中国上海国際芸術祭組織委員会は8日、記者会見を開き、演目の概要を説明した。同作品は第21回中国上海国際芸術祭のプログラムの一環として11月6〜10日、上海大劇院で上演される。(上海=新華社配信)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国文化 芸術 ばいほうきゅう ほうきゅう プログラム メイランファン ランファン 上海国際 上海国際芸術祭 上海国際芸術祭組織委員会 上海大劇院 中国上海国際 中国上海国際芸術祭 京劇俳優 愛情物語 玄宗皇帝 組織委員会 芸術祭組織委員会

画像情報

登録日時
2019/10/08 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
4193×2796 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
33.5(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ