トルコ、シリア北部の要衝を制圧と発表
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 トルコ、シリア北部の要衝を制圧と発表  12日、攻撃を受けたシリア北部のラスアルアイン。トルコ国防省は13日、同国軍がシリア北部のマンビジとカミシュリを結ぶM4高速道路のうちの30~35キロに及ぶ区間を制圧したと発表した。トルコのアナトリア通信によると、同道路はトルコ国境から約30キロの位置にあり、クルド人武装勢力がこの道路を活用して物流と商業活動を行っていたため、戦略的な意義が高いという。(アンカラ=新華社配信/ムスタファ・カア)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ トルコ軍 シリア侵攻 攻撃 アナトリア アナトリア通信 アンカラ カミシュリ クルド人 クルド人武装勢力 シリア北部 トルコ国境 トルコ国防省 マンビジ ムスタファカア ラスアルアイン 商業活動 武装勢力 高速道路

画像情報

登録日時
2019/10/12 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
2051×3077 pixel
解像度
300 dpi
展開サイズ※
18.0(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ