「新華社」5G自動運転マイクロバス、世界インターネット大会で走行
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」5G自動運転マイクロバス、世界インターネット大会で走行 中国浙江省桐郷(とうきょう)市烏鎮(うちん)で間もなく開幕する第6回世界インターネット大会で、第5世代移動通信システム(5G)を活用した自動運転マイクロバスが注目を集めそうだ。同マイクロバスは、中国で初めて都市の一般道の混雑した交通状況下でテストに合格した、5G自動運転マイクロバスの量産車となっている。5G通信技術などを通じて、自動車、道路、インターネット、クラウドを一体化したインテリジェントな自動運転ルートが構築された。人の運転に比べ、自動運転マイクロバスは運転視野が広く、反応速度が速いなどの優位性があり、交通効率と運転の安全性を向上させることができる。会期中は、会場の一部が走行距離4キロの5G自動運転マイクロバスの走行ルートとなる予定で、来賓は同マイクロバスの試乗もできる。(記者/鄭夢雨、黄宗治)<映像内容>5Gを活用した自動運転マイクロバスが一般道を走行する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 5G IT 科学 技術 自動運転車 交通 インターネット インターネット大会 インテリジェント クラウド マイクロバス 世界インターネット 世界インターネット大会 中国浙江省 中国浙江省桐郷 交通効率 交通状況下 反応速度 浙江省桐郷 自動運転 自動運転マイクロバス 自動運転ルート 走行ルート 走行距離 通信技術 運転視野

映像情報

撮影日
2019/10/15
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
01分32秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4