「新華社」医療AIが隠れた疾患を手軽に発見世界インターネット大会
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」医療AIが隠れた疾患を手軽に発見世界インターネット大会 中国浙江省桐郷(とうきょう)市烏鎮(うちん)で開催中の第6回世界インターネット大会の「インターネットの光」博覧会会場で、騰訊(テンセント)の眼底疾患人工知能(AI)スクリーニング検査システムが多くの来場者の注目を集めている。検査機器に目を当てると、眼底写真を撮影し、角膜や水晶体、微小血管などの観察と分析を行い、眼底の健康状態を教えてくれる。AI機器を通じて目の健康状態が簡単に分かるため、従来のいろいろな煩わしい検査を受ける必要がなくなる。この技術は既に中国の30余りの病院で検証が行われており、今後、中国の眼科医不足の解消が期待される。また、医療検査が比較的低コストで行えるため、社区(コミュニティー)での普及にも適しているという。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>第6回世界インターネット大会、目の検査をする医療AI機器、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ IT 科学 技術 医学 医療 AI機器 インターネット インターネット大会 コミュニティー システム スクリーニング スクリーニング検査 スクリーニング検査システム テンセント 世界インターネット 世界インターネット大会 中国浙江省 中国浙江省桐郷 人工知能 健康状態 医療AI 医療AI機器 医療検査 博覧会会場 微小血管 検査システム 検査機器 浙江省桐郷 疾患人工知能 発見世界 発見世界インターネット 眼底疾患 眼底疾患人工知能 眼科医不足

映像情報

撮影日
2019/10/23
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
SD
フレームレート
25fps
再生時間
01分08秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4